正統派はかえって当たり前

MIX46034

おすすめは、紺の総絞りの浴衣に、赤い博多帯。肌の白い女の子を、
いちばんなまめかしく、かわいらしく見せる浴衣スタイルです。「有松の鳴海絞り」
の浴衣でも、デパートの呉服売り場に行けば、夏物のワンピース-枚くらいの値段で売られています。
髪はアップでうなじを見せること。夏祭りの男子のひそかな楽しみは、
浴衣姿の女子の、うなじを眺めることらしいですから。

履物は、桐(きり) の下駄。やはり桐は、いいです。アスファルトの道を踏みしめて
も、桧(ひのき) の下駄と違って、カッンカッンと頭に響きません。
ギャルが履きそうな、ソールの厚い和風サンダルは、ナシですよ。

私くらいの年齢になると、正統派はかえって当たり前になるので、私はヒョ
ウ柄の浴衣に、ソールの厚い下駄サンダルを履いたりしています。日サロで全
身、黒くして、髪も黒人みたいなブレイズヘァ(みつあみいっぱい)にして、

耳にピアス、ネイルはラメ、足の指先には、トゥーリングをしていました。
このスタイルは大好評で、電車の中で、若い女の子に「かわいい!」なんて言われたり、
正統派でいくときは、絞りの技術や、博多帯にまつわる小ネタや豆知識は、おさえておくように。

出典: